念願!ばりばり夕張岳に登った。熊が二日間も居座っていた夕張岳登山(1668m) 2019-8-5

ようこそ、ハミングバードへ!

バリバリ夕張岳へ登って来た、駐車場へ着いたら、登山道に「二日間も熊居座っているよ」「昨日も先に行った人、後から来た人達とかたまって登ったらしいよ」。

んんんホットな情報だな!(笑)

(撮影  2019-8-5)

登山道入口はどこ?

始めての山は登山口がいまいち不明なことあるよね。最近はスマホナビで簡単に案内してくれるから便利になった・・・

スマホ持ってないって?・・・買って下さい(W)

登山道は、金山と大夕張の2コース

金山コース
人気のないコースで笹藪の部位もあり、このまま進むと廃道状態になる可能性もあるようだ。距離も長いし景観も良くない。
Google検索「夕張岳金山コース登山口ルート」

大夕張コース
人気のコース、前半は「冷水コース」と「馬の背コース」に分かれていますが、途中で合流します。
登り冷水コース、下山に馬の背コースがお勧めです。
冷水コースはなだらかで歩きやすい、一方馬の背コースは急場が非常に多いのが特徴です。
Google検索 「夕張岳大夕張コース登山口駐車場ルート」又は「夕張岳ヒュッテルート」
※大夕張コースは、案内が約6Km手前で目的地になります、昨年まで林道崩落のために6kmほど歩かないと登山口に行けませんでした。グーグルが修正になっていないのかもね?(笑)駐車場はそこから6Km先にあります。

アナログの人はR452シューパロ湖に掛る橋を渡れば、あとはまっすぐ道なりです、登山口駐車場まで、凡そ距離13km。

夕張岳 大夕張コースで登った

駐車地到着

夕張岳登山口の駐車地です。ゲートから一般車は入ることが出来ません。
駐車地にトイレは無い。

トイレはどうする

ここへ着く途中200mくらい手前に白い小さなトイレ(男女共用)があったはず!、そこで用を足すのが良いかも。
ヒュッテまで歩くのが嫌なら、迷わずここで足すこと、車も3台位はOKだ。
ペーパーも備えてある。
②夕張岳ヒュッテのトイレを借りる、但しヒュッテの場合は15分くらい徒歩の時間を要する。

下山時の入浴は?

500円(協力金)でヒュッテ特設の「五右衛門風呂」がある 入浴用具などは登山時に預ってくれる。

駐車地から凡そ5、6分で「冷水コース」登り口に着きます。
「馬の背コース」入口は、夕張岳ヒュッテの前にあります、ここから更に10分くらい掛ります。

ヒュッテの管理人さんの手作りなのかも・・・ 道に幾つかあります。

「冷水の沢」冷水コースには2カ所の水場がある

なだらかなコースでしょ・・・私の印象では、夕張岳はルンルン登山道です、但し若干距離が長いので、初心者の人は歩く練習をしておきましょうね。

「前岳の沢」二か所めの水場です。私たちは利用しませんでしたが(笑)

分岐点到着

馬の背コースとの合流地点に到着しました。ヒュッテに用事がなければ下山も冷水コースが良いかもです 特に長時間登山に慣れていない方にはお勧めです。
頂上まで4.5Kmと記しています。なげええー

シラネアオイの群生地がありました。花は終わっていました。

望岳台到着

正面のトンガリ岩は「前岳(1501m)」、左裾に登山道がある。

望岳台から望む、この山は登り道の左方向にず~と見えている山だ(笑)おそらく「滝ノ沢岳(1352.8m)」だと思われるが・・・

先ほどの前岳だ、男性的な荒々しさだね。これ見ると俺的にはThe Yama(爆)

「アヤメの群生」がありました。花の名前に疎いK(ケイ)ですが、アヤメぐらいは知っています(笑)

高山植物群生地

この辺から登山道が木道になる。夕張岳高山植物群落帯なんだね、植物が木道に守られているようです。
夕張岳は蛇紋岩メランジュ帯

がま岩が近づいてきた、右後方は、目的地「夕張岳」


がま岩(1439m)登山道は左裾を通りすぎて行きます。

今日も熊がいた

熊がよく目撃される「釣鐘岩」だよ、裏に夕張岳が待っている?(笑)平坦地だし生息地みたいだな。
ヒュッテの管理人さんの話では、この辺りから金山に向って生息しているようだ、とのこと。

下山してきた御夫婦(多分)にあいました。
♠「こんにちわ」
♦「熊いましたよ」

♠「ほんとですか?どの辺りですか?」
♦「あそこの岩(釣鐘岩)のあたりです 引き返してきました」

♠「一緒に行きませんか?人数も多くなったし 昨日の登山者もそうしたみたいですよ」
♦「頂上行けなくても、夕張岳満喫できました、帰ります」

♠「そうですか 私たちは行ってみます」

木道を・・・後ろは「がま岩」と「前岳」

この先「熊用心地帯」

前方、熊が峰(1531m)

釣鐘岩の標識

熊さんのいた形跡があった 植物根を掘り返した様子がこの辺一帯にあり、糞も新鮮だった、
私たちはその先を進みました。
道も繁みで、今にも出てきそうな感じがするが、独特な獣臭もしなく、もうここにはいないだろう。


風の通り道か?植物が無い

金山コース分岐到着

分岐を過ぎると神社があった「夕張岳神社」と記していた。その辺の山にある小さな神社とは違って、大きな建物です。
大きな金属製の鳥居が曲がっていた 積雪の影響だろうと思う。それにしても凄い(雪の)量なんだね。

夕張岳頂上到達

登ってきた方向、右下に神社、前方にがま岩、前岳、中央は滝ノ沢岳

頂上から芦別岳が

夕張岳の尾根伝い

天気が良くて頂上に38分間いました、昼食美味しかったな・・・ 食べている最中に一人登ってきました。アレッ?!
聞くと金山コースで来たそうです。
登山道が荒れて笹藪を漕いだり木を潜ったり、体力の消耗で大変だったようで、「このままでは廃道になる」とおっしゃっていました。

距離も時間も長くかかるので、写真をとってすぐ下山して行きました。ほんとによく登ってきたなと思いました。

さあ私たちも下がるか・・・

登り所要時間 5時間00分
下り所要時間 4時間37分

お疲れさまでした。次は何処にしようか?ええ(笑)