2015 ニペソツ山登山

明日登山へ行きたいな~っ

7月12日午前2時10分旭川出発、まだ暗い(当然)みずほ通りのセブンイレブンで、
目覚めにドリップコーヒー いつものLサイズ。

これを ゆっくりすすりながら夜道の層雲峡方面へ「美味い!」

前日 近所のスーパーで朝用、昼用のオニギリを物色、他にクリームパン1個(これ大好き)
ジエルドリンク1個、ペットボトル水4本、で一路ニペソツ山方面へバンバンする

撮影:2015-7-12

大雪ダムから帯広方面へトンネルを抜けた所にあるトイレハウスで小タイム、10分ぐらい休憩
したかな

徐々に周囲は明るくなっていく 3時45分に走りだした。

ところでこの先はどうなってるのかな~。橋から曲がるはずだけど・・・

ここから十勝三股まで33Kmで国道の橋渡ってすぐ右へ 林道入口です 登山の看板あります。

林道へ入ると道は分かれています。ニペソツ山にはまっすぐです。右方向は石狩岳方面です。
まっすぐのニペソツ山方面は道幅が狭いです。

なので初めての人は少し不安になるかも知れません、

ここからニペソツ登山道までトリップメーターで8Kmでした。

ダートで飛ばせません。時間は24分かかりました。時速で20Kmぐらいで車どうでもいい人はぶっ飛ばして下さい。

好天と日曜日の為か混んでいました、登山道入り口は広く見えますが車がUターン出来る
ほどしかありません。

ラインから前は旋回用のスヘースです。

登山者はUターンしてから、道路左側に止めてましたので私もみなさんと同じように止めました。
車のナンバーを見ると本州が半分近くいます。(山が)有名なんですね~。

一杯になると、ここから500m手前左側に広い場所が有りますので心配いりません、とりあえずは
Uターン出来る登山道入り口まで行ってみる方が良いと思います、状況が把握できますので。

その登山道入り口です、画像では広くみえますでしょ、実際は狭い(笑)のだ。ラインの内側は
旋回スペースなので駐禁です。

5時20分登山開始です、本年度初めての登山なので、体力的には若干の不安もあって
おまけにミラクルパパは登山の超初心者なのだ!ホントです。

丸太橋を渡るとすぐに登りの道があります。
足元は滑りませんでした(笑)

最初の難関?のようですが、意外とスルーできます。それより帰りが心配です。疲れが足に
きた時にうまくスルーできるのか?
帰り道、ずっとこの事が脳裏から離れませんでしたけど、その帰りも足が疲れているにも関
わらずスルーでした(笑)

どこかの登山ツアーさんが休息をとっていました。大パノラマです、一昨年挑戦した

トムラウシ山も見えます

ガイドさんが説明していました。

どこがトムラウシ山???わかんね―

前天狗到着です、後がニペソツ山です、スンごくキレイです、来て良かった!!途中私を抜いてきた
人と話が出来ました、帯広から来たらしく、何回も来ているらしい、

♠「ここで帰るんですか」
♦「ええ、きれいな二ペソツ山見ましたから」
♠「そうですか」
♦「なので、わざわざ行くこともないしね」

ここから引き返す登山者は良くいるのだそうです。

制覇も良いけど、綺麗な山見れるのが一番いい所なので・・・それも一理ある話だと思います。

私はついていました、その方のお話では先週が一番良かったと・・・今日は空気が少し淀んでいるし、
この天気は今日が最後ですから、と言ってました。

明日は雨です・・・と・・・もしかして気象台関係の方かも知れません。慣れっこ!

天狗ヶ原だったけ?たしかそんな呼び方してました。他の登山者が、昨年はここでよく熊が現れ
た所らしいです、今年はまだありません。なんて話ていた。

ナキウサギの声がします、姿は見えませんでした。

ここを(うしろ)下って最後のニペソツ山登りへ、かなり足に来ていましたがここで引き返すわけ
には行きません。

「俺はなにをしにここへ来たんだ!」自問自答です。

登山道入口からニペソツ山頂上まで7Kmあるんだ~

到着しました、いや~キツ~い!ついに制覇しました。少し鍛え直さなければ、

もしかしてかなりの確率で、もうここへ来る事はないだろう、そう思って座っていた。

しっかり見てきた、目に焼き付けて、

下山途中、前天狗で最後の別れをしてきた。

ニペソツ山が愛しく思える・・・なんか不思議です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。