石垣山登山(525.1)北海道愛別町 2018-6-14

登山道入口はどこから

久しぶりに石垣山へ行ってみた一昨年の10月(2016)に夏山の締めっくりで登ってみたが、今回は初夏だし(笑)
旭川方面からだと、中愛別の集落を超えて国道39号に掛る橋を渡ったら右方向へ、北海道電力の発電所があるのでわかりやすい。
発電所のわきが駐車地になっていて登山道入口もここにある。

もう一カ所登山口へ行く方法は、国道39号に掛る橋を渡る手前にあるパークゴルフ場の脇から行く方法があるが、こちらの橋は歩行者専用だし国道39号の橋を渡ってから右方向へ行く方法がお勧めだ。

キャンプ場も見えるしまず大丈夫だ(笑)

Google検索
「愛別オートキャンプ場」

ルート案内で、取りあえずキャンプ場まで行き、そこから道なりにまっすぐ行け。

撮影 2018-6-14

今回は登山時の画像はあまり無い・・・yamapのログテストが主な目的だったのであしからず。

駐車地から鉄塔の見える林道を少し歩くと右方向へ取り付きがある。行き止まりまで進むと入口があるよ。

石垣山はよく滑る

この石垣山は毎度のごとく登山道が良く?滑るよ

焦って登って岩に尻もちをつくことはないよ(笑)

地形的に水分が多いように感じるな、苔が岩に蔓延っているようだ、ケイ(K)もいろんな山にチャレンジしているが、これほど順調に?すべる所はない(笑)
他の山なんか「滑るっ」といってもここから比べたらチョロイもんだよ(笑)

ここは気をつけましょうね。

彼女と行ったら先頭を歩け

それに登山道はクモの巣が多い(笑)それも目に入らないくらい細いやつが顔にフッとついてくる。彼女と登ったら必ず自分が先頭を歩くことだよ

柵のつき当りの左方向に橋が掛っているから登山道へ入っていく


石垣山のトレースにたどり着くまでは、登山道はご覧のように倒木などがあり多少荒れ気味だが、べつにどおってことはないが、如何せんクモの巣がな(笑)

石垣のトレースにたどり付いた

岩コースの目印(老木)

 


トレースをしばらく進むと右に大きな老木だ立っているが 泣く子も黙る岩コースの入口だ、めったにトライする人がいないようだ・・・かすかな踏み跡がついている程度だが、勇気を持ってトライするのも良いだろうな。
松浦武四郎が宿泊した洞窟がある。

しかし・・・前回も記したが、本当にここへ宿泊をしたかは甚だ疑問だ。かの人物の軌跡は本人の日記などを有識者が検証をして、「おそらく」ってことになるが、はたして???

富良野 原始ケ原にも松浦武四郎が訪れたとされる標識があるが、ここも?有識者のなかで再検証が必要だとされているからだ。


yamapのログが正確に記録されていた。