斜里岳(1.547m)渡渉と滝のスリリング、超面白!登るなら絶対旧道だ! 2020-7-5

ハミングバードへようこそ 編集のKです。
7月5日念願の斜里岳参上です。

「斜里岳登山道入口」でググって3時間40分?飛ばしすぎ!!(笑)
駐車地の清岳荘はすでに満車状態!

斜里岳登山 開始 am7:30

登山口は清岳荘の横にあります。
「旧清岳荘」が焼失後に現在の場所に建て替えられた、以前は(こことは違う)旧清岳荘まで車で行けた・・・でこの登山道はそこまでのアプローチ路ということになるな(笑)

ここから30分近く歩いて本来の登山道へ参入だよ。

んん遠くなったってわけだな

少し進むと林道にでる、そこから林道を15分近く歩いて登山口に・・・旧清岳荘は歩いている林道の奥に建っていた。
(1998年焼失)焼失後に現在の場所へ。建設中はプレハブで営業していたんだよ。
以前は30分も早く登山開始できたのかな。

うらやまち~

旧清岳荘を存じている人は、林道から真っすぐに旧清岳荘の場所に歩いてくるんだよ。そのほうが早くて楽だよ(笑)

本来の登山口に着いたようだ・・・
ここから開始だね(笑)登山標識に3.6Km近い?ようで遠いです。

am7:50

斜里岳は渡渉の山 am7:57


渡渉箇所はマーキングがある。

旧・新コースの分岐 am8:40

登りは旧道で、下山は新道を降りてくることにした。


ここから先も旧道は渡渉の連続で、あっちに行ったりこっちに来たりでワクワク、ハミングバードは超楽しかった!


勿論山道もあるよ(笑)


am8:49

am9:19


滝の縁を登っていきます。

見晴の滝 am10:13

上二股 am10:47

旧道新道分岐、ここから上は沢がなくなる

胸突き八丁 am11:30

結構な急場でしたが、「キツイ!」かなと思ったけど呆気なく登れました この上が馬の背です 数人の人達が休息を取り私の来るのを待っていた?、なはずないよな(笑)

馬の背


標識 (家)うちに持って帰ります  Nnnnnn抜けない!


山頂に向って最後の登り、ポコの向こうに山頂が。

ポコからのコルを進みます 山頂です。暑い!熱い!

斜里岳山頂 am11:50


登頂記念に、いつも頂上制覇はいい顔している うん(笑)


頂上で食事しながら周囲を眺めていた、キレイでした来て良かった。たまたま近くにいたご婦人とお話をする機会がありました。
山頂で友達できました。

斜里岳や近隣のウナベツ岳のこと、冬も良いよってお話ができた。

以前は山頂標識の周りは石で囲まれていたそうです。セメントの残骸がありましたが、なぜこうなったのでしょうか?知っている方教えて頂けるといいな。

山頂からの風景

風も無く天気が良くて、1時間近く頂上にいただろうか・・・気がつけば周囲に誰もいなくなっていた、時間を忘れさせるとても恵まれた山行の日でした。


山頂から眺める写真はあまり撮りませんでした、ただ眺めていることが一番癒されることも実感として感じます。

下山開始 pm13:00


すぐ下の馬の背から登山道がついています どこへ行くのだろうか?南斜里岳?

上二股から新道へすすんだ こちらは旧道と違って山道オンリー、時折り後ろを振り返る、斜里岳が少しづつ遠ざかって行く。

熊見峠pm14:36


新道は思ってのほか遠く感じたヨ3回ぐらい登り返しがあったかな?その1つが「熊見峠」名前の由来は不明

二股に到着した pm15:36 旧道と合流します。尾根づたいの新道からほぼ直下の道が長ーく感じた「まだかよ~」(笑)

pm16:45  清岳荘に到着した 長かった斜里岳の山行が終わった。山友のTamaちゃんとお別れをし帰路についた。

帰路の途中で撮影した「斜里岳」もうあんなに遠くに・・・

登り所要時間 4時間15分
下山所要時間 3時間45分

下山後は、きよさと温泉「緑清荘」で湯ったりしてきた。
お疲れ様でした。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。