鉄甲山(406m) スノーシュー 2018-1-2

ハミングバードのK(ケイ)です。

明けましておめでとうございます。

「ハミングバード」のWebにお越し頂いてありがとうございます。

新春初トライは鷹栖町にそびえる鉄甲山へ

(山は)別にどこでも良かったんですけど、前日の元旦マラソンの疲れが心配で(笑) 走った疲れよりも呑み疲れの後遺症ってことがガハハハ!

ランニング仲間の恒例の行事なんですよ、元旦に神社をランニングで駆け巡る(笑)ず~っと昔からやっています。

興味があったら参加して下さい”是非”お待ちしています。

但しランニングの後は旭川健康ランドで入浴、乾杯に参加、賛同できる方です(爆)

で・・・鉄甲山の話にもどしますけど、最初はネ、鉄甲山(てっこうやま)ってよんでたんだけど、「てつかぶとやま」って言うみたいだね。

一般的には「鉄兜」って書くじゃない?

だから「てっこうやま」って読むのは凄く自然なんだよね。

その鉄甲山(てつかぶと山)なんだけど、全国山名アプリによると標高406mで、グーグルマップでは391m、マピオンでは403m どれが本当なのかは分からない!

色々な説があって近隣の丸山は鉄鉱山とよばれていたらしくてそこの三角点が丸山三角点と言っていたらしく、その後にそのまま丸山になった、そして今の鉄甲山は後からつけられたようなお話が・・・私には良く分かりませんが。

ちなみに山名アプリには「てつかぶとやま」と記しています。

2日の旭川の街は毛嵐(けあらし)万延の見通しの良くない雲海状態、近隣の鉄甲山へトライした。

鷹栖の市街を過ぎたあたりから雲海が晴れて、超好天気な晴れ男(笑) 鷹栖丸山パークゴルフ場の脇をとおる和寒町へ抜ける道路(道々251号線)に鉄甲山への取り付きがあります。

車で行けるのはここまで、スノーモビルの人達が来ていました。

道々251号線は冬期間通行止めで、車止めから取り付きの林道までは20分かかりました。国道がぐるっと周るところなのですぐわかります。

国道は右へくるっと旋回、左方向の林道へ入って行きます。スノーモビルの跡でルンルンでしたね。

鉄甲山は景色の良いところですから、天気の良い日は大雪山や十勝連邦、東側に天塩岳が一望できる絶景なんです。こんな近いところにいい穴場があるなんて・・・以外と知られていないような気がしてなりません。

林道は途中右に入るところがありますが、真っすぐです。しばらく行くと林道が山裾にぶつかりそうな所があり道は右方向へ行きますが、ここから林道を外れて真っすぐ山に入ります。

途中に林道をまたいでいる送電線があります、そこを通りすぎると間もなくです。

ここは尾根ですから。尾根ずたいに右方向へスノーシューして行くと鉄甲山の頂上に付きます。

お馴染の・・・です。一応です(笑) 後ろの道のように見えるのは、送電線跡だとか?分かりませんが、どうもそうらしいです。

丸山に行けると思います。

下山開始です右側の白い小高い山は高砂山、左下にはホンダのテストコースがあります。

雲海の鷹栖・旭川の街、一日中雲のなか?なんだね・・・ここは晴れ!

天塩岳が真ん中に見えます、向こうも天気が良いようです。誰かが登っているかもしれません。

真っ赤なナナカマドの実が綺麗でした。真っ白な雪とのコントラストが鮮やかで、ここは多いです。紅葉が鮮やかなのかもね。

登り 1時間15分

下り 50分

 




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。