擂鉢山 1027m (北海道上川町、上川三山) 二度と登りたくなーい!スゲー急な山だdo(笑)2019-3-5

ハミングバードです。

平日休みを取って、上川三山の1つ「擂鉢山」(上川町)に登ってきました。

同名の山は和寒町福原にもあります。そちらの方が一般的かもしれませんが
K(ケイ)はまだ未踏です。

撮影 2019-3-5 AM8:25

上川3山とは・・・「擂鉢山 1.027m」「天幕山 1.052m」「突角山1.059」

上川町周辺にそびえる1.000m超えの山、しかも手軽に登れることもあって、人気のスポットです、その中でも天幕山はBCに人気があります。

豊原牧場から約3km、徒歩で40分かかる。

擂鉢山はどこから登る

擂鉢山に向って真っすぐに道(町道)が付いています この先が最終除雪地点です。豊原牧場詰所から約3km近くあります。

徒歩で約40分かかりました。

しばらく進むと道が分れている。左の方へ進む。目的地の擂鉢山が見える。

最終除雪地点 奥に車の旋回場所があるので、邪魔にならないように止めたらいい。

意地悪で、通らしてくれない!

こんなに広い道路なのに「交差出来ないから(車の)乗り入れは許可しないんです・・・」だって?
意地悪以外にないもないさ、聴けばここは町道一個人や法人が許可云々の問題ではない。

奥に進みますの連絡を伝えにいったつもりが、「許可しませんから!」「エッ!!?」

会話をそのまま文書に出来ないが、意地悪そのものの印象をうけました。「目は口ほどにものを言い」相手の目を見ながら話をすれば腹の底が分かるものだよ。

聞いたからには、常識ある行動を取らなければと思い歩いて行ったしだいだ。

豊原牧場コースをトライする方は「そのままスル―した方が良い!」

登り時間は最終除雪の場所から2時間で頂上へ、下りは途中昼食の休息を入れても1時間30分と、それほど長時間の登山ではなかったが、

如何せん超急登で四苦八苦(笑)

擂鉢山スノーシュー開始

 

40分余計に歩かされた、最終除雪地点から擂鉢山に向ってラッセル開始した。雪は予想以上に締まって歩きやすかった。
他コースでは、国道273号線旧天幕駅跡(天幕橋)からトライする人もいるようですよ。

冬山はアン登山道ですから本人が納得であればどこからでもOKですけど(笑)

冬山の魅力は「アン登山道」の魅力に尽きる。


Back方向を振り返り。

擂鉢山を見ながら取付きの尾根歩き


ずっと擂鉢山を見ながら進めるのも、この山の特徴で、数多くの山でも珍しいだろう。好天なら最高!てなとこかな(笑)

雪は3月この時期ともなれば殆んど沈み込まない硬雪状態で歩きやすかった。

前半は「くの字の尾根」に取り付きます なだらかでルンルンです・・・いつもながら「但しいまのうちだけ(笑)」

尾根にはマーキングが細かく付いていた

「オッ!」順調じゃんか 親切な山人もいらっしゃることだ、感謝だね。

このマーキングなにか(登山以外)他に目的があって付けているみたいだな・・・雪面に近い部分に付いている、冬山ならもっと上の方についているはずなのに。

夏に付けたものだろうか?それに感覚があまりにも近すぎる。

もしかして何かの夏道があるのかもしれない、藪こぎに近いのなら、マーキングの感覚が狭くないとね「うんうん納得納得」

 


くの字の尾根はここから右方向に折れて擂鉢山に向っている、ここだけ目印のようにダケカンバ林がある。

マーキングは真っすぐに付いているようだ。

擂鉢山、頂上前の急斜面登坂・・・


この急場の上にめざす頂上がある。右斜面は通年雪崩が起きているためか木が生えていない。危険地帯だよ(笑)


急で、歩きずらい、3月ともあって雪が少なくなっている、時より「ズボー」だよ。強風で雪が積もりにくいのかもしれない。

 


ここの斜面は今迄体験した事のない不思議な雪質でした。画像では巧く伝わらないかもしれません・・・その先頂上の尾根です。

擂鉢山頂上に着いたZO~


頂上の尾根はこんな感じだ。頂上はどこだ???取りあえず右側の先端に行ってみた。登坂中高く見えた場所だ。

細長い頂上は細長く擂鉢のへりのような感じもしなくもないが、山の命名はここからつけたのかもしれませんね。

しかし、よく分からない。


ワンパターンの一応のショットだよ 誰かのマーキング付いていました。Kもピンクのマーキングをしてきた。

ここから擂鉢尾根をみると、どうやら頂上はここではなさそうだな。

ここより向こう側が高く見えるよ、行ってみっか!

樹氷がねこやなぎのように・・・綺麗でした。

ダケカンバの枝先もキレイだったな。

尾根の左端です。こちら側から登る人もいるのかな?

天塩岳です 画像には写っていませんが、ニセイカウシュペ山も見えました。

 

アプリで擂鉢山 1027mと表示されました 本頂上でなければ表示がでないんだよ。

擂鉢山の本頂上にマーキング 朱色や布を括りつけたものもあった

ここは雪庇の上 危険を覚悟で、身を乗り出してマーキングしてきた。先人のマーキングも色あせて付いていた。

いつ頃のものなのか、最近はピンク系が多いが、昔流行っていた朱色で材質も今とは違う。

布切れを縛ってるのも発見!時の流れを感じさせます。


自分のマーキングの前で頂上スナップ!

 

K(ケイ)を撮ってる?・・・

登ってきた右側の方向

 

自撮してみたが、上手く写っていなかった(笑)

2時間あれば十分トライ出来る

登山
9時00分トライ開始 頂上(右端)11時00分 真頂上11時16分
下山
11時25分下山開始 途中昼食でゆっくり  お疲れさまです・・・下山後の3kmは長かった(疲)