旭川の里山で一番高いピウケナイ山(1247m)に登ってみた 2019-10-15

ハミングバード(hummingbird)のKです。

旭川で「一番高い山」知ってっか?・・・

エ~どこだっけ・・・分かんねエ (笑) ってか!

で、その一番高い山に行ってみた。

真冬になる前に踏んでおきたい、有志に声掛けをして。

※タイトルに記している標高値は自分のGPSによるものだ。

撮影:2019-10-15

ピウケナイ山ってどこにある


21世紀の森にある無銭温泉の少し手前から右方向に入る林道があるよ、

トンガリ帽子のトイレがあるのですぐ分かるはず。

林道を真っすぐ進むと愛山渓に抜けれるし車もOKだ、途中に旭川峠がある。

Nnnn「興味湧いてきたみたいだな」
(笑)(笑)(笑)

冬季間の車止めまで来た

林道入口から9Kmだった すでに標高は925mまで上がっているから、ピウケナイ山はハイキング並という事になるな。

ピウケナイ山に向って

トボトボ・・・とぼとぼ・・・ToboTobo  さ・む・い

登山道入口


ここまで徒歩で2.3Kmだった 林道はまだまだ続くが、ピウケナイ登山口の駐車地がある

駐車地まで車でこれるが雪があったので徒歩にした。

藪こぎだった(汗)

期待していたのに・・・

一応登山道は付いているものの、ほとんど藪!

あれが頂上?かな


展望台にある山名板、結構でかい!

しばらく漕ぐと、土積の展望台があって、どうやらこれが頂上らしいな・・・

山頂標識はない、

大雪山が綺麗に見えるポジションに土積の展望が作られていて、しかも立派ときている、なんか訳ありそうだ。

「よくこんな所に造ったよな」昔この地区で国体があった時に何らかの事情でつくったものらしいが、GPSでは頂上ではない。

他に登山道らしきものはない!
では何故これを・・・

山頂はどこだ

俺たちは本当の頂上が知りたい


GPSを頼りに頂上を求めて藪こぎを開始した。

ついに山頂に立った!・・・

が、周囲とあまり変わり映えのない山頂だった。
ピウケナイ山の頂上は平坦で湿原だったんだ。いたるところがグチョっていて湿原植物がある。


スマホGPSはピウケナイ山の山頂をさしている


山頂にマーキングをしてきた。

だぶん・・・広い山頂は平坦で景観も良くないし、おまけに湿原なので、それなら少し低いが(標高が)大雪山の景観のよいところに展望台を造ろうって、ことになったのだろうと推測をする。

おそらく展望台の高さは標高と同じ高さにしているのだろうと感じとれた。

ぬるくてガタガタ

帰りに「21世紀の森の湯」に浸かったが 非加熱なので気温に左右されるらしく超~「ぬ・る・い」

「なんだ!?これは!!!???」

冷えた体を温泉にゆっくり浸かって温まろうと思っていたのに、ギャップがメチャ凄で!

風邪引き製造機に浴っているようだった(笑)ガタガタガタ・・・

※ 今迄無料だった「21世紀の森の湯」は次年度から有料になるようだ。