神居尻山(946.7m)終日雨の中登った。ひぐま大学特別講座 2017-6-25

旭川を出発したのは6時!、一晩中降っていた雨は我が家を出る頃になっても一向に止まない・・・

こんなんで登山に行く?ガハハハ 3日前までの天気予報は晴れマークだったのに、3日前でも当らないのか・・・まいっか・・・予報だから(笑)

登山口のある、当別町青山の「道民の森」はヒッソリとしていた、もちろん管理棟は開いていない、到着したのは8時20分、予定より20分遅れていた、この遅れがこの先すべての行動にも影響が・・・。

トイレは駐車場の側にあるので大丈夫でしたよ、綺麗なので感激です。

神居山登山道はA~Cコースの3コースあります 今日はBコースからトライして下山はCコースを選択しました。

普段はしない準備体操も、今回は団体行動なので、一応怪我しないように(笑)

初めて登った神居山は梯子(はしご)をかけたかの様な登山道だった。

もともと登山道が無かった山ですが、「道民の森」が作られたときに併せて登山道も作られた経緯があるそうです、にわか作りの感じが取れます。

分岐の尾根に取り着くまでは、ただただひたすらに「登山だよ~っ」てなことで、雨の中を今日はもくもくと登山訓練に来たのか(笑)

まもなく分岐点あたりです。今登っているBコースと下山するCコースの交差するところ、ここまで来れば神居尻山頂上はもうすぐです。

尾根ずたいに頂上をめざす、途中右側の斜面は落差300mはあるそうで、滑落すれば傾斜が無くなるまで止まらないだろう、雪崩のためか木が生えていません。

当別側から望む神居尻の精鋭な山肌はこのためだな。

頂上制覇です。予定より30分遅れての頂上到達です、頂上は雨や風もなく穏やかな不思議な感覚だった。昼食を取りすぐ下山開始、予定より遅れているためです。

下山開始してまた雨が降ってきた、頂上は雨雲より高いために風雨がなく穏やかだったんだね。

下山の所要時間は2時間5分、下山のタイムにしては早い時間ではないと思います。単独登山ならもっと早いだろうと思います。集団ですと思わずアクシデントや脚力の個人差がありますが、全員の歩調が大切です。

それにしても終日雨の中の登山でした。周囲の綺麗な(たぶん)風景は全く見えませんでした これって何のための登山なのか私にとって分からない登山日でした(笑)(笑)




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。