濃昼山道を歩いてきた(ごきびる山道)2020-6-21

ハミングバードへようこそ 編集のKです。

先人たちのつくった路、濃昼山道を歩いてきました。

山道区間は石狩市厚田区安瀬~浜益区濃昼の間

安瀬(やそすけ)と読みます(笑)えっ!そうなの?そうなんです。
ハミングバードは厚田に親戚がいるので以前から(やそすけ)は知っていました(笑)

トライした方法は?

一人で行くとOen Wayなので、車を山道終点の濃昼にデポ、そこからバスに乗って厚田まで行きスタート地点の滝の沢トンネルまで行くことにした。
バスは留萌発の沿岸バスで札幌行き、但し朝1本のみ(笑)
これしか方法がありません。

但しいくつかの問題点もあります。

①厚田でバスから降りてもスタート地点まで4km歩かなくては(困)
②山道距離に4km+すればいいことなのだが・・・
③ではタクシーでも・・・☎帳に記載しているが営業はしていない(困)

※バス会社にバス停が無いが途中下車のお願いをしてみたが断られた(笑)

取りあえず予定通り濃昼にデポしてバス停で待つことにした。

下の画像は濃昼側のバス停です 右端に見えるのは国道、留萌方向で撮影しています。

私たちはラッキーでした

バス停で待っていると、車が通るたびにジロジロ見られます、そりゃそうだろ過疎地域で殆んどバスに乗る人もいない路線だし(笑)

誰か乗せてくれないかな

思い切って手を上げて見た!
止まった!
山道歩きでバス待っていますトンネルまで乗せてもらえませんか?
良いよ!!!

神様の声に聞こえた!!!

 

どこから歩き始めた?(スタート)

厚田から浜益に向って約4km、一番最初のトンネル「滝の沢トンネル」手前のPエリアから歩きだした。
Pエリアに山道の看板有

散策まえにチョッとブレイク!いい気なもんだよ
乗せて貰えなかったら今頃は歩いている。

スタート am8:55

馬鹿臭い沢 am 9:20

am 9:34

am 9:57

「わらびだよ」

am 10:18

たもぎ茸 am 10:20


まぼろしの茸といわれている「たもぎ茸」自然の恵みを収穫してきました。味噌汁に入れて「美味しかった」


遠くから「熊」に見まちがえた倒木


二の沢 渡渉しました


山道の頂上は高圧線がすぐ目のまえにはしっていた

濃昼峠 pm 12:19

記念撮影して昼食をとった 天気が良くて「今年はついてる」なんて(笑)

展望台は山道から少し山側に・・・恵庭岳、ニセコの山も見えた 綺麗だ、来て良かった!

出発 pm 13:10


この辺りから国道のトンネルを通過する車の騒音がきこえる この真下はトンネルのようだ。


濃昼の町並みが見えた 「着いたのか?」ハヤー

濃昼に到着 (ゴール)pm 13:50

濃昼峠を越えてからはゴールの濃昼まで40分の道のりだった。近い(笑)

行程所要時間 4時間45分(昼食含)


濃昼にある鰊御殿 有志の方々で保存されていました。

お話をして来ました。

(保存に)行政は全く耳を貸さないようで、ここの旧家主によって「濃昼山道」がつくられたんですよね。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。