湯内山から伊納山へ続く稜線を歩いてみた《江丹別アルプス》

ハミングバードへようこそ
2018年2月2日(金) 晴れ(撮影:2018-2-2)
登山道入口:旭川側の「湯内トンネル」入口の脇から右斜面に取り付く。
湯内山~伊納山までの稜線ラインをスノーシューで(わくわく)

登り:4時間10分(伊納山手前まで) 下山:3時間30分

 

今回、江丹別アルプスの稜線を湯内山からトライしてみた。いずれは神居コタンまで縦走してみたいので、今回はその前章ってなわけで(笑)

8:22 登頂開始 -20.4℃

湯内トンネルの旭川側入口から右側に入山していく、薄っすらとトレースの後が残っているが、随分前のものだろう。
湯内山頂上までのあいだ所どころでトレースを見かけるが、頂上で消えていた・・・おそらく(ここから)湯内山で引き返したのだろうと思った。


入山してしばらくは左側の沢を見ながら頂上を目指しました。沢が消えそうな所から沢の左側に移りひたすら湯内山の頂上を目指す。

この辺から急斜面になった。


がむしゃらに登ったが上から下を見た時はスゲー!急だ!

(この辺にマーキングテープが数カ所あった)

よくこんな急なとこ登ったな、それもほぼ直登でだ えらい(笑)

9:50 湯内山頂上

頂上についてから真っすぐ稜線を進んだが、それは間違いなのだ・・・若干進んでから引き返した。私はGPSなど持っていない、ましてやコンパスなども使えないし、大半はグーグルの地形図を頭に叩き込んで、現場で山の状況をみて進んで行く。

ま・・・いつもこんな感じかな。

間違いから引返して湯内山から左方向に向っている尾根を下って行くが、ほんとにこれでいいのかな?あン(笑)
おそらくこのコースで間違いないだろう・・・正面からこっちへ伸びている尾根がある、OKだ(笑)途中に送電線の鉄塔があるから大丈夫!

それにしても・・・自然の山の中に人工的なものがあると、何となく不気味に感じるのは私だけだろうか?

10:20 旧道

さらに進むと何やら林道らしき所にでて「あっこれ林道だ」横断して向こうの尾根に取り付つく。下山時にやっと?分ったことだが、林道だと思っていたのは湯内トンネルが開通するまえの旧道だった(笑) なんだ!

それにトンネルから取り着いた山も湯内山だってその時気がついた(爆)
湯内山(501m)2016年のヒグマ大学のスノーシューツアーで「登ったよ」って聞いたのを思い出した。

旧道々98号線を超えたら稜線をルンルン進んで行くだけだ、しかし初めて歩く山はとかく不安になるものだ。周囲の状況には常に気を使う・・・「あの尾根はこうはしっているな・・そっちの尾根はこうなっているだろう」で今進んでいる尾根は向こうに繋がっているようだ。
よしOKだ!

なんて歩いている。

同時に風景もみて、アッあれは何だ?・・・とか(笑)

楽しいよ。

三頭山が見えてきた・・・1、2、3、頂上までピーク(頭)が三つある 山名の由来だな。

いま進んでいる稜線は嵐山から伸びている稜線と繋がってT路地になっている、そこから右方向に進んで行くと左に高速道路が見えてくる。

伊納(春日地区)から登頂した時の高速道路の見える角度が違う、全く反対側から登っているから。

トレース無しの全面ラッセルのためか、風景に堪能しながら進む稜線は意外と長い道のりだ。

12:45 手前のポコ到着 昼飯

「腹へったーーーー!」12時45分高速道路の真上の伊納山手前のポコに着いた。飯だ!!!

「おにぎり、パン、お茶、カップ麺」を平らげてNNNNN大満足(笑)

満腹になって、さてこの先どうする?

ここからだと頂上までは30分をみなくてはネ(たぶん)そこまでの所要時間は登坂開始から4時間40分、稜線はほぼ平坦なので帰路も同じような時間が必要?かもね。
それなら駐車場に到着する時刻は夕方の5時30分になるかも・・・

それじゃ今日はここで引き返そうか、頂上まではすぐそこ手の届くところに。伊納山頂上を目の前にて帰路についた。

13:20 帰路

帰路は自分のトレースがあり軽快に進むことが出来た。今日は天候が全面的に晴れーで周囲は綺麗に見える。旭川方面は大雪山、十勝連峰が真っ白にキレイです。
左側には天塩連峰も、「俺のバカチョンでは写らないな」と思いながらもシャッターを切る。

幌加内方面もキレイに見える、前出の三頭山もキレイだ。

その三頭山の左側にある山がきれいでいつか登ってみたいと思った。真っ白な長い尾根が三頭山方向に向って伸びているな。

もしかして「幌加内トンネル」から伸びている尾根かな?R275に開通した新しいトンネル、仕事で通ることがあるが、そこから何時かトライしたいと思っていた場所。

そんなこと思いながら、旧道についた ここから最後のピーク湯内山に。

旧道側からだと実にあっけない山だった、登山すると言うよりも帰路の一部分と思っていたせいもあるかもしれない。

頂上からみるとホントに急な山だー、よくここ来たな酔い好い良いだな(笑)
さあ下って行くのみだ。

16:21 駐車場到着しました。

伊納山手前のポコまで4時間10分かかった 頂上まであと30分~40分かかると駐車場への到着時刻が17時20分、往復に可能の時刻だが、大事をとって帰ってきた。 正解(笑)

ここから伊納山往復するなら、そこから常盤山へ移り深川に下った方が近いような気がするが、いかんせん単独なら物理的に無理!(笑)

所要時間8時間をみれば「湯内山~伊納山~常盤山」深川へ下山もOKかな・・・




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。