嵐山~半面山スノーシュー 2016-12-3

真っ白な雪山(冬山)に憧れて、嵐山から半面山へスノーシューしてきました。前日は大荒れの天気でしたが12月3日は晴れー!太陽がほほ笑んで・・・ ガハハハ

嵐山を出発したのは10時40分ぐらいだったかな、多分です(笑)雪は湿っぽく若干歩きづらい、粉雪ならGoodでしたけど

とりあえず嵐山展望台までは680mあるんだ~遠く感じるか、近いな・・・て感じるかは気分次第なのだ。

トレースしてますけど、おそらく一昨日誰かが登ったんでしょう。昨日は吹雪でしたから、それでも行った?誰が?だとすれば登山馬鹿かもね(笑)俺見たい。

私の前に一人スノーシューの足跡があります。MSRです(笑)男性の方見たいですよ、ストックは使用していませんでしたし、歩き方で、もしかして写真が目的の人かもーって思ったりして、後ほどそれが的中していました。

直感は大事なのだ、人間として何よりも動物として自然的に生きる場合は必須ですね。

私は自然に生きたことはありませんけど(笑)自然に生きることを意識するなんて、不自然な事だよね。

嵐山展望台到着です。男性の足跡はまだ続いています 右に見える建物はトイレです。

展望台から車道を江丹別方面に歩いていきます。しばらく歩いてから右方方向へ山に入って行きます。

国見峠?なのかなこの辺りは、ミラクルパパはそんなことあんまり気にしないタイプなんです。

山の尾根が車道に繋がっているところがあるので、ここだ!山育ちなのですべて感頼りで、大丈夫か?ああああ?

車道にどんぐり銀行の標識、旭川営林署と記しています。

まもなくこの先に下半面山があります。画像右側下に登山道がありますけど、冬山スノーシューの良さですよ、直に尾根ずたいに歩いて行きました。

風は嵐山市街方向から尾根をまたいで鷹栖方面に吹きますので、右側(鷹栖側)は吹きだまりが出来易く雪が深いです 尾根の左側(嵐山側)は風上になるので雪が固く歩きやすいのですよ。

腹減った!ここに着く前に餅1個たべました。すでに時計は真ん中を通りすぎていましたから。

可愛い雪のクルリンパが、自然界の芸術にはいつも感心します。下半面山を通りすぎて、ここから半面山までは、長そうです。

ここの山地形は尾根づたいなので迷う事はありません。鷹栖側も嵐山側も下りれば民家がありますから、汗らズあせらずですね。ただ嵐山側には川があります。

真ん中の木、結構迫力ありますよ。画像ではその迫力感が出ないのが残念!ネットでは映している人結構いますね。

尾根から覗く忠和近文方面 左側斜面は吹上風の影響でしょうか?雪が少なく笹がでています 雪も浅く歩きやすいです。

送電線の鉄塔があります。奥は嵐山市街地です 周りが真っ白な世界に突如、真っ赤な標識が現れるとオッ!っと感じるものですね 少し驚きです(笑)

 

この先にチラッと見えましたヨ! 半面山のブルーシートが もう少しだ頑張れ!!

半面山到着です。夏なら標識に「半面山」って記しているようです。夏はまだ行った事ありませんので(笑)分かりませんが

せっかく来たので記念写真をとって、なぜかブルーシートで覆われていて、不思議ですね。赤岳のコマクサ平の標識も冬期間はブルーシートですよ。

なぜなんでしょうか?疑問がわきます そんな事しなくてもいいような気がします。何か特別な事情があるんでしょうね。物を大切にする(笑)まさか?!

おそらく、もっともらしい理由を付けて、対して内容の無いような。

風が少し強くなってきた、ここでおにぎり1個食べました、そんなに寒くありませんでしたが、腹ごしらえして帰路に着いたのは13時50分 この分だと到着は4時ごろかな。暗くなるぞ

 

鉄塔を通りすぎて、下半面山へたどり着き その少し先から左斜面を下ると、嵐山登坂道路(車道)合流地点近くにでます。近道です。車道に石碑が立っていますのですぐOK(笑)

誰かの足跡がついていたので、もしかしたら近道かも?そんな気で下りて来た。

次回はここから挑戦してみようかな?大幅な短縮登山になるかもね。日がだいぶ傾いてきました 影が長くなりだした。気温も下がってくるのが分かる。

「嵐山北方野草園」に到着です。約5時間ほぼ歩きっぱなしのスノーシュー登山でした。

今回は10時半過ぎに登山開始しました。もう少し早くスタートすれば天神が峰(奥半面山)ターン出来たかもです。少し悔しいな 次回は天神が峰から嵐山方面にトライしようかと。

スノーシューにハマりそうです。

ところでウバユリ峠ってどこに在るのでしょうか?天神が峰の向こう側のような・・・登山道が繁みで分かりづらいのかもしれませんが、夏に挑戦してみたいと思っています。

峠の名前の由来もなんか意味ありげな、感がしますよね。