愛山渓~永山岳~安足間岳~当麻岳~当麻乗越~沼の平 2019-9-15

ようこそ、ハミングバードへ!

紅葉の今頃を狙って、愛山渓から「永山岳、当麻乗越を経て沼の平」への周回に出かけた。前回は2.30年に一度だといわれる爆キレな紅葉でしたので・・・

今年はどうかな?

2017年の時と暦上では同じ日にトライしたのは紅葉の(違いが)状況がよく分かると思って(笑)。
撮影 2019-9-15

愛山渓温泉 登山口

登山口のある愛山渓温泉はひっそりとしていた。


2017年の今日は超満車状態、ハミングバードもギリ隙に駐車した記憶があったので、朝早く到着した時は、少なからず拍子抜してしまった(笑)

「エ~???、なにこれガラスカじゃん!」

昨夜からの雨?、紅葉のテレビもパットしないしな、影響もあるのかな?。

am 7:02
車中で小雨になるのを待って出陣。

登山開始数分で「松仙園」との分岐がある

松仙園」方面の登山道は(来年)2020年に解禁になるようです。

am 7:27
前回は渡渉した川に、立派な木橋が掛っていた、2013年頃には右の鉄橋も元気だったようだよ、16年の台風でグニャ~かな、水量が増すと初心者には難しい渡渉の川だ。

滝がある川だからな(笑)

丸太橋は木肌の状態で、おそらく今年架けたものでしょう
PVのみなさんに感謝だよね。

登山道「滝コース」は通行止め

橋を渡ると再び分岐があり、左方向は「滝コース」、昨年から通行止めだ。捜索隊員が滑落事故で亡くなっているところだよね、ご冥福を祈ります。

am 7:29
止むなく階段を登り「沼コース」へ進みます。このズーット先の「沼の平」を横切ると「滝コース」と合流するので・・・

愛山渓からの登山道にある道標(よくあるよ)、見やすくてGoodだけど、何となく大自然には違和感が拭えないかな・・・(笑)

「沼の平」分岐 am8:47


ここから沼巡りの人は右に・・・ ハミングバードは永山岳へ直進した。ここから滝コースの分岐までの道のりは踏んだことがない。今日が初めてなのだ(笑)短いけどね。


沢の向こうに永山岳への登山道が見える。

こうして見ると綺麗にみえるが歩きづらくて嫌いだ。

沢超えをして合流だよ。


am 9:00
ここから永山岳へ 水でえぐれた登山道がしばらく続くよ、コースでここが一番嫌なとこ。

「ウラシマツツジ」が真っ赤!・・・大雪山の紅葉は殆どがウラシマツツジとナナカマドだ。

 

永山岳はもうすぐ


am10:50
朝の雨があがって青空に・・・ゆっくり登山を楽しみながら(笑)

永山岳が真正面に、真ん中の小ちゃなチョコンが頂上なんだ、可愛いよ。

この登りがなが~いんだよ(笑)

長い(暑)ながい(温)ナゲェェんだよ(汗)

永山岳頂上 am11:32


「Say cheese」  「 cheese」

人差し指の意味が分かんない?

コースが長いのですぐ比布岳に向った この頃から天気があやしくなってきた。大雪は午後になるとよくガスるしな~

比布岳分岐方面、風が出て来た、それも強い奴が・・・湿った空気は霧になるし。

比布岳、当麻乗越の分岐

pm12:38
分岐は尾根になっているので直撃、風は強くなるばかりで飛ばされそうになる、厚手の手袋も手が冷たく感じてくる、これはYabeeh(笑)

ウインドウブレーカーと合羽を着こんだ。

比布岳(北鎮岳)少し進んだが、ガスガスガス!びゅーびゅー!この先は危険のようだ、ここで止めよう。

大雪山の紅葉、キレイだった

分岐から乗越に下り始めてから天候が回復してきた。日が射してきて紅葉が何時ものようにキレイだった 来て良かった。

裾合平の道がハッキリと見える 今日は誰か行っているかな・・・? 俺的にはそこもダラダラで嫌いだ(笑)

pm13:36
左は旭岳、目前は当麻岳

当麻岳は左側をトラバースして尾根に上がる ここ迷いやすいかもね 迷っても沼の平や当麻乗越しが見えるから大丈夫だ。

岩場を下って乗越しへ、岩場が意外と長いんだよね(笑)なかなか着かないよ。

「鬼頭岩」乗越の手前に威きり立つ(驚)

pm14:47 当麻乗越に到着した

登山者が少なく、乗越は閑散としていた。一昨年の今日は、大勢の登山者が休息を取りながら景観を楽しんでいたのに、おばさん登山者の群れが、馬みたいな「でっかい口」おっぴろげてゲラゲラ笑っていたよ(笑)
場所は譲ろうとしないし、自分たちの所有物化していたよ。

乗越から見た沼 これは「沼の平」ではない この辺湿地帯なので雨が降るとグチャグチャになるよ 靴がグチョって「もうどうでもいって」泥んこ

沼の平   am 3:57

六の沼だったかな?大きくて綺麗でした。青空ならな~ チョッと残念・・・

pm4:23  帰りは暗くなるわ・・・登山口まで遠いし歩きずらいし、ヤベ Yabe 矢部 違うよな。

愛山渓温泉に到着 pm5:28

距離からだと到着は18時すぎるかもね?
日没時間からみて足元が見えなくなるギリギリの下山時間でした。沼の平からの下山道は歩きずらいし、ヘッドライト持参していなかったために焦りました(汗)

幸いに30分早く、無事 愛山渓温泉登山口に到着した。

ホッ ほっ Hoh としたよ

で・・・紅葉の感想は?いつもの年よりも良くなかったな、夏の天候異常のが原因だろうと思います。
「ナナカマド」の葉っぱは枯れて茶色だったし、数年前にもこんな年があったね。

下山後は愛山渓温泉にゆっくり浸かってきた 温泉を出た頃は真っ暗になっていた。

お疲れさまでした。早くビールを飲みたい!!!!!